細胞に任せて治療する方法

注目の再生医療とは?どんな治療が期待できるの?

手術ができない人でも安心

再生医療とは、人間が持っている際制する力を利用して治療する方法になります。
これまでは薬や、手術によって病気を治してきました。
しかしその方法では、負担が大きくなってしまいます。
再生医療は人間が本来持っている力を利用するので、負担が少なくて済みます。
体力のない人は手術の負担に耐えられなくて、これまで治療ができなかったと思います。
しかし再生治療なら、誰でも治療できるでしょう。

病気で、臓器がダメになってしまうことがあります。
しかし再生医療を施すことで、再び臓器を元気な状態にすることができます。
その場合は、細胞を体内に移植します。
その細胞が臓器を作り出す働きをしてくれます。
まだ実験の段階なので、本格的に治療として使われることは少ないです。
しかし成功例も多いので、今後の医療に役立つでしょう。
治せないと言われていた病気も多いですが、再生医療を利用すれば治せるようになります。

しかし、細胞を移植することにおいて不安な面もあると言われています。
新しい細胞を体内に移植することで、ガンなどを発症するリスクがあります。
今抱えている病気を改善できるのは良いですが、別の病気になったら意味がありませんよね。
ですから今後は、病気を発症させないことが課題になっています。
また移植した細胞を増やして、新しい臓器を作りだします。
しかし細胞の種類によっては、期待した数まで増えないことがあります。
それではうまく臓器を作れないので、病気の改善に繋がりません。